他人は他人

こうした見方からすると、「べき」ではなく、「したい」の立場から家庭にいようと考える人にとっては、「外で働きたいと思ったときは外で働ける自由がある」ことが何よりも重要です。「外で働く」という選択と「家庭にとどまる」という選択とは、対立しているように見えて、実は密接につながっているのです。もう一つの問題は、「働くべきか」という問いは、働かなくてもすむ人にしか通用しないという点です。すでに述べたように、これまでの「普通」は、夫が安定した会社に勤め、自分は専業主婦で安心して食べていける、というモデルでした。高度成長期には、男性は終身雇用という暗黙の了解があり、女性は、離婚さえしなければ、少なくとも夫の定年までは、夫の収入をあてにすることが可能でした。ところが、いまや大手企業でさえ倒産の可能性に絶えずさらされ、夫は必ずしも安定した収入源ではありません。働かなくてはやっていけない人々が増えているときに、「働くべきか」「家庭にとどまるべきか」の二者択一を迫っても、「何を寝言をいっているのか」といわれるのが関の山でしょう。世帯でひとくくりにされて、夫や子どもの一部のように暮らしなさい、といわれ続けてきた女性たちの中には、個人単位で生きたいと願う気持ちが強く、こうした女性の間で、「働くべきだ」論は根強い支持を得ていました。これからは「世帯単位でもいい」「家にいるべきだ」と主張する女性の間にも、「働かなくてはやっていけない」派が増えていくでしょう。「べき」か「べきでない」かを超えて、「自分は何がしたいのか」「そのために何が必要か」「したいことを支えるための金銭的裏付けをどう確保するのか」を基本に、新しい仕組みづくりに踏み出すときです。「働く母親の子どもはみんな非行に走る」だとか「女性はだれでもみな働くべきだ」とかいった、自分と同じことをしない女を仲間から排除する心の動きとは、この際きっぱり手を切りましょう。「他人は他人」「自分は自分」、でも、もし女性であるために不利になっている部分が見つかったら、見つけた者同士がその部分で力を合わせて仕組みの改善を図る。もし利害の対立があったら、それぞれの局面で調整を図ればいいのです。趣味などが合うパートナー探しなら←ここから探しましょう。

DY034_L

子供を産んだ女性が外で働くことは至難

家事専業の無償の妻に支えられている男性を基準に労働時間を決めてしまったために、外で働こうとする男女は、家庭ですごす時間をとれないほどの長時間労働を強制されることになりました。これでは、子どもを産んだ女性が外で働くことは至難の技です。女性も「働くべき」というよりは、女性が働きたいと思ったときに働けるような仕組みがほしいのに、外で働いていない一部の女性こそが「普通」なのだと言い張って、仕組みを整備しようとしないことこそが問題なのです。真の相手は「外で働かない女」ではなく、こうした仕組みを整備しようとしない人たちです。お金を稼ぐ生活に疲れ果て、家庭の仕事や育児だけにどっぷりつかって安らいでみたいと思うことは、どんな女性にも(男性にも)多かれ少なかれあるものです。こうした人々が専業主婦(主夫)になってみたい、と思う気持ちを、「働くべきだ」で、ばつさり切ってしまうのもおかしなものです。ここで問題なのは、そう感じたときに、いったんお金を稼ぐ仕事から身をひいて、また戻ってこれる仕組みがほとんどないことです。いずれも、大切なのは、どういう枠組みが女性にとって、または女性とともに伸びやかに生きたいと願う男性にとって、プラスになるか、です。外で働きたくない人がいるとすれば、どうすればその人が幸せに家庭で働けるか。外で働きたい人にとっては、どうすれば幸せに外で働けるか。もしこの二つの利害が対立する局面があれば、それをどう調整するか、が大切なのです。「:.…をしなくてはならない」ではなく、「..…・を選びたいのだがどうすればいいのか」への発想の転換が必要です。女性が自分の内から発する「したい」ではなく、だれかからの命令である「べきだ」に流されがちなのは、女性が食べていくには、男性に評価してもらわなければならなかった、というこれまでの歴史があります。自分で直接お金を稼げない立場におかれた人は、多くの場合、他人の好意に頼らざるをえません。書店で女性のコーナーをのぞくと、「愛される女性になるための○○」といった本がずらりと並んでいるのは、女性は他人に好かれないと生きていけない、他人に好かれることが食べていく道なのだ、といった暗黙の了解がいまだにあるからではないでしょうか。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

DY041_L

妊娠する時期

せめて高校の一、二年になってからのことですね。
「生理中にセックスすれば安全か」というような質問もありましたが、そうとは限りません。排卵日そのものが一定していないから、”いつも危ない”と言える状況です。
それに、精子のなかには何日も生き残っている例があり、排卵が終わったと思っても四、五日たってからでも妊娠した例は珍しくありません。生理が終わった直後も同じことです・・・。
私のクリニックには、ときおり十四、五歳の少女が訪れる。
「イタズラされたから心配で」「妊娠したみたいだけど調べて・・・」l幼い口からそんな訴えを聞くと、私は彼女たちを取り囲む環境に想いをはせずにはいられない。
なるべくショックを与えないようにして診察し、検査をすすめる。その間、少女たちは年齢相応の幼さで、ときにはあどけない仕草もみせる。それが、なんともいたましい。
本人は案外平気なときも多いから、たぶんこちらの感傷なのだろうけれど-。
恋愛と結婚は違うところが多いですので、←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。
豆知識-妊娠の仕組み
妊娠の仕組みは、そう複雑なものではありません。
男性、女性ともに正常な体であれば、性行為を始めて男性性器から精液(精子を含む)が放出され、それが女性性器の膣内に入れば、あとは自然に精子が子宮内に進入します。
さらに精子が卵管に到達し、そこに卵巣から排卵現象により出てきた卵子が卵管に入ってくれば受精がおこなわれます。
受精した卵は細胞分裂をくり返しながら子宮に到達し、そこに根を張っていくわけです。そこから胎芽(胎児)が発育を始めるのです。

DY024_L

娘に教えられる母親

「お母さんも、もっと早く気づくべきじゃないですか。自分の娘がこんなことになっているのに、きょうまで何も知らないのは親として怠慢ですよ」いまの母親たちは、戦後の混乱期に中、高校生。ほとんど性教育らしいものは受けていない。娘さんたちは、身辺に性の情報があふれかえっているけれど、正しい性知識を身につけている子は意外に少ない。診察室からみれば、性に無知な母親があまりにも多すぎる。つい先日も、妊娠六カ月になるのに気づかず、「お腹に何か固まりがある」と受診しにきた娘さんがいた。ひどい世の中になったものである。

豆知識-10代の人工妊娠中絶について
最近十代の女性の中絶が年々増加の傾向にあります。二十~三十代の中絶が避妊の知識の普及とともに減少しているのに反し、十代の中絶が増加しているのです。これがなぜ問題になるかといえば、心身ともにまだ十分に発育していない女性が、妊娠することにより、流産、早産の危険が大きくなることです。またそれ以後、いろいろな障害を残すことになるからです。女性の完全な成長は、二十歳に入ってから二十五歳ぐらいまでの間と考えられます。体だけは一見大人のようにみえても、女性としては精神的にも肉体的にもまだまだ未熟といえます。心身ともに、成熟した女性になってこそ健全な赤ちゃんが生まれると考えてください。厚生省統計情報部は昭和五十七年の優生保謹統計をまといましたが、十代の少女の人工妊娠中絶数は前年より一割強ふえ、二万四千件を突破しました。少女千人のうち六人が中絶を経験した計算で、その比率、実数とも史上最高記録を更新、中絶少女の激増ぶりを改めて印象づけています。ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。

DY007_L


孫は殺せない

0022
父親は、頭ごなしにどなりつけた。「そんな子ども、けがらわしい。すぐ堕(おろ) してしまえ」
娘さんは、じっとうつむいたままだ。お腹の子をかばうように、両手でスカートを押さえている。
もし、ここで→結婚相談所 比較 出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。
娘さんは、この近くのOLである。恋人との間にできたらしい子どもの相談で私のところへ来ているうち、きびしい父親に感づかれ、きょうは父娘そろって訪れたというわけだ。
「どうしても中絶を、ということなら、専門の医師を紹介してもいいですけどね」。私は気乗りせぬ声で、頑固そうな父親に言った。
「相手の男性も独身でしょ。いっそこのままで結婚させたらどうです。第一、はじめての子どもを中絶するのは、絶対に体によくないですよ」
たしかに、最初に妊娠した子どもを中絶すると、そのあと不妊症になりやすい。私のところの患者の二割近くは、そういったケースによるといえそうだ。
なんといっても、はじめは子宮がひ弱だ。抵抗力が乏しい。そんな子宮に機械的操作を加えると、傷をつけたり、炎症を起こすなどの障害を招きやすい。
膣内には雑菌が多いから感染する場合もあるし、影響で卵管がつまることも珍しくない。
これが、一人でも子どもを産んだあとなら、子宮はかなりたくましくなるものだ。子どもが胎内で十分に育つと、子宮は平常の四百倍にもふくれ上がる。
それが分娩後は一挙に収縮するから、子宮内の壁は密度がうんと濃くなり、以前と比較にならぬほど丈夫になるのだ。
少々機械が侵入したぐらいで病気になることは、まずあるまい。
「いずれにしてもですな、初回の中絶というのは危険をともなうもんです。できることなら、このまま産ませてあげたらどうです」
いらぬお節介だ、といった表情で、父親は私をにらみつけた。武骨そうな拳が、かすかに震えている・・・。
しかし、私はそれを無視することにした。逆に、最後の切り札をつきつけた。
「いいですか、いま娘さんのお腹にいる赤ん坊は、あなたのお孫さんなのですよ。それを堕(おろ) してしまえなんて言うのは、殺人命令じゃありませんか。
あなたは、むごい孫殺しをしろと言うんですか」
父親にしてみれば、どこの馬の骨かわからない娘の相手が憎いだろう。それは私にも十分に理解できる。
だけど、ここはやはり百歩譲って、娘の健康と、芽生えたばかりの生命に心を移すべきだろう。
案の定、父親は小さく頷いた。その老いたひとみに、うっすらと光るものがあった。

妊娠は大人になってから

0020
W子さんが私のところへ母親にともなわれて来たのは、高校生になったばかり、十五歳の春だった。生理不順という訴えだったが、診察してみたら妊娠していた。
それも、とっくに四カ月を過ぎている。
「まあ、なんという恐ろしいことを・・・・・・」母親は仰天し、うろたえ、與蒸し、娘を叱りとばした。だが、w子さんはケロッとしていた。さっさと診察台に上がる。
母親に向かって「できたもん、しょうがないやん」とうそぷく。あげくの果ては診察台の上から大声で「先生、うっとうしいから早うおろしてちょうだい」と叫ぶ。
私は、いささかあきれ、苦笑し、そして内心で舌打ちしていた。
最近の厚生省の発表によると、二十歳以下の中絶がぐんぐんふえているそうだ。
性についての考え方が乱れているというか、すすんできたといえばいいのか、少なくとも私のような立場から言えば嘆かわしい限りである。
なによりも間題なのは、中、高校生程度では子宮がまだ胎児を順調に育てられるほど発達していないということ。
だから、どうしても早産、流産が多く、母体の将来に悪影響を残してしまうのだ。
いま初潮年齢は平均十一歳から十一歳六ヵ月といわれる。だが、それは性に対する準備活動が始まったにすぎない。
十三歳から十五歳のいわゆる思春期が過ぎてから、ようやく性の成熟期への歩みがはじまる。
体だけは一足先に一人前になるけれど、卵巣が妊娠を持続させるだけの女性ホルモンを出すのは早くて十七、八歳ぐらい。
医学的にいえば、そこで初めて女性として成熟、完成したことになるのだ。
「なんぽ早いほうがいいというたかて、無茶や。ほんまにふしだらな・・・。」
取り乱した母親が、なおもW子さんに当たっている。私は、つとめてきびしい表情で言った。
男女間で問題が発生したら、解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

デブは美人のもと

0029
たしかに彼女は、ふとっている。身長は平均程度だが、ちょっとみたところ体重のほうは六十五キロを下るまい。
Z子さん。十六歳。デブであることが目下の悩みのタネなのである。この医学万能の時代に、なんとか体重を減らす方法や薬はないものか、とおそるおそる相談にきた。
私がホルモン関係の専門医と聞いて、いわばワラにもすがる思いだったのだろう。
「もし方法がなかったら、断食でもしようかと思うんですけど、あれはシンドイでしょうねえ」食欲旺雄だから、死ぬよりつらい。
それよりいい注射でもないかしら、と思いつめた表情になった。十六歳といえば食べ盛り。ふとっていても、当たり前の話だ。
それが、まるで「デブは犯罪者」みたいな顔つきで小さくなり、肩まですくめているのがいじらしい。私は”そんな悩みなんか、悩みのうちに入りませんよ”と頭から否定した。
出会いはここに→結婚相談所 選び方 いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。
「ふとっているというのは、要するに脂肪分が多いことでしよ。その脂肪分は、将来、あなたがきれいで魅惑的な女性になるための貯蔵タンクみたいなもの。
年齢とともに、貯蔵中のエネルギーをホルモンが全身に少しずつ配分していってくれることになってるんだから、気にすることは何にもないですよ」
Z子嬢は、いささか疑わしそうな顔をした。そんなうまい話になるはずがない、と言わんばかりである。この年ごろは実によく食べる。消費するエネルギー以上のものを胃袋に送り届ける。
実は本能的な欲望なのである。つまり、この年代のうちに食べることで脂肪分を貯蔵しておかないと、近い将来、補給が間に合わなくなる。
二十歳すぎて、胸やお尻に年ごろの女性らしいふくらみをもたせることができないのだ。
「へーえ、そういうものなのですか」Z子嬢は、少しばかり安心したらしい。小さくすくめていた肩が、少し開いてきた。
「じゃあ、断食なんか、しないほうがいいのね?」断食すれば栄養失調を招き、ホルモンのバランスを崩すだけ。将来の正常な発育を妨げるのは当然のことだろう。
「まあ、二十五、六歳になっても、まだ異常に体重が多いようなら、それはほかに原因がぁるってことですね」Z子嬢は、はればれと胸を張った。
「そういえば、昔デブだったのに、いまとってもステキな美人になってる入っていますよネ」声が、明るく弾んだ。

現代の男女問題

0019
「ハロー、西川先生。お元気ですか。私、十三歳。去年から生理もあります」lこんな書き出しの手紙が私のところへ舞いこんできた。
こういう場合、たいていは性の相談だ。読んでみると、案の定「セックスは、いつごろが安全ですか?」とある。「安全」とは、もちろん”妊娠しない”という意味。
「生理中なら大丈夫、と友達に聞いたけど、本当ですか。ハイランのことも、くわしく教えてほしいのです」と意外に真剣な文章がつづいている。
それにしても、まだ十三歳。いかにも早すぎる気がする。こういう風潮はニガニガしい、とも言える。
無視してもいいけれど、少女雑誌などで読む回答のなかには、どうかと思うのが少なくないことに気づいた。質問してくる少女たちに迎合し、甘やかしているような傾向もないとは言えぬ。
ヘタすると、彼女たちにセックスをすすめるような内容も見受けるのだ。
ちょっと迷ったすえ、私は回答を書くことにした。学校での性教育がいっこうに整ってこない今、こういうことについて正しい知識を知っておく必要がある場合も出てくるだろう。
勉学が第一であることを十分に前置きしたうえで、私はこう書いた。あなたは年齢的にいっても、まだ排卵が整っていないはず。
非常に気まぐれで、一定の間隔のもとに排卵があるとは限りません。
本来なら、基礎体温をつけていると確実な排卵日を知ることができますが、あなたはまだ排卵そのものが不安定なので、基礎体温をつけても意味がないでしょう。
会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→出会い系 サクラいない で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。

女性の考え今昔

0018

「処女膜というのは、医学的にみて多少とも意味がある存在だと思いますか」
成人の日。テレビ局にひっぱり出されたとき、満二十歳になったばかりの女性二十五人に、こんな質問を出してみた。
ワイドショーでよくやるとおり、○か×かの札を掲げて回答するというあのアンケート方式である。
処女であることが嫁入り道具の一つとされていた昔とは違うことぐらい私でも知っている。
でもいくら性道徳が乱れ、処女の価値観が変わってきているといっても、三三人ぐらいは処女膜の意味や価値を認めるだろうと思っていた。
ところが、私の予想は見事に外された。二十五人全員が×の札。つまり、誰ひとりとして存在価値を認めなかったのである。
まるで邪魔もの、盲腸以下の認識しかしていなかったことになる。
素敵なパートナーに出会いがない 社会人 で、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
処女膜は頬の内側の粘膜とよく似た形態で、厚さはせいぜい一歩程度しかない。
しかし、子宮が発育するまで、外部から異物が侵入するのを防ぐ役割を果たしている。
だいたい膣の周辺は肛門にも近くて不潔になりがちだ。この膜は雑菌をシャットアウトする防る。
波堤になっていると言っていい(昔は下着をつけていなかったから、いっそう重要な存在だったことだろう)。
私のところに通っている患者さんは二十代後半の女性が多い。なかには、結婚前に他の男性とセックスした経験を持つ人も珍しくない。
彼女たちは、いま自分が妊娠しないのは、「婚前にそういう”罰当たり”の行為をしたためだ」と深く思いこみ、日夜死ぬほど悩んでいる、というケースが少なくない。
こういう患者に対して私は「そんなに気にしないように」と伝えることにしている。自分をいくら責めてみても、いい結果が出るわけではない。
むしろ、悩むことで心が乱れて、排卵まで狂ってしまい、いよいよ妊娠しにくくなるばかりだろう。
「それにしても:…・」と私は思う。
処女膜についてこんなに深く悩んでいる人たちと、処女膜なんて何の意味もないわと口をそろえる新成人たちの間には、わずか七、八歳の隔たりしかない。
たしかに近ごろは、中学生の妊娠が堂々とテレビドラマの素材になるご時世ではある。しかし、たったそれだけの年齢差で、こんなにも意識が違うのだろうか。
世間がそれだけ〃進歩″したのか、それとも私が遅れているのか-。
まだあどけない二十歳の乙女たちを前にして、私は言葉もなかった。

月のリズムを知る

0017
生理に感謝を
結婚前の娘さんが母親付き添いでときおり相談にみえる。内容の大半が〃生理不順″である。
Q子さんはスラッとした、なかなかの美人であった。二十二歳になるという。
「初潮以来ずっと順調だったんですけど、二、三年前から狂ってしまって、このごろでは三カ月ぐらいないことも珍しくないんです」
やせおとろえた体つきをみて、私はピンときた。
「高校のころ、絶食なんかで無理にやせたんじゃないの?」
さりげなく聞いてみたら、やはり図星だった。
趣味などが合うパートナー探しなら結婚相談所 比較 ←ここから探しましょう。
女性がふとる最大の原因は、食事のバランスが悪いこと。その一番の大敵は、甘いものの摂りすぎだ。だから、甘いものだけをやめればいいのに、ここで一気に絶食療法をする娘さんが意外に多い。
その結果、当然のことながら栄養失調に陥る。
女性としての本来の機能であるホルモンを分泌する場所l脳下垂体・卵巣まで栄養失調になり、排卵がなくなってしまう例も珍しくない。
「あなたネ、やせるという目的は達したようだけど、これじゃあまりにも代償が大きすぎますよ」
こちらの言葉の意味がわからず、キョトンとしているQ子さん母娘に私は優しく追い討ちをかけた。
「排卵がとまれば生理が大幅に乱れる。そうなると、年ごろになっても胸や腰に肉がつかず、女性特有の魅力的な体型は望めない。
結婚しても赤ちゃんができない、ということになるんですよ。
私のところへ生理不順で相談にみえる人の三割は、Q子さんのような絶食療法の後遺症患者である。相談に来る人は、まだいい。
たいていは「そのうち、また生理がくるやろ」と、のんびり構えている。なかには「私、三カ月に一度ぐらいしかないのよ」と、自慢そうにいう人もいる。
これじゃ自分が”不完全女性”であることを宣伝しているようなもの。生理がないことの危険さを、全く認識していないのだ。
「あのぅ、私、なおるでしょうか」
ようやく事態の深刻さに気づいたQ子さんが、心配そうに聞く。放っておけばおくほど卵巣は硬化して元へ戻らなくなる、と説明したうえで私は言った。
「根気がいるけど、なおるでしょう。でも、復元するまでに半年以上かかりますよ」
眠りすぎていた卵巣に、少しずつやさしく弱い刺激を与えつづけること。
そう、さびついた自転車を再び回転させるように私とQ子さんは共同作業をスタートさせねばならないのである。