他人は他人

こうした見方からすると、「べき」ではなく、「したい」の立場から家庭にいようと考える人にとっては、「外で働きたいと思ったときは外で働ける自由がある」ことが何よりも重要です。「外で働く」という選択と「家庭にとどまる」という選択とは、対立しているように見えて、実は密接につながっているのです。もう一つの問題は、「働くべきか」という問いは、働かなくてもすむ人にしか通用しないという点です。すでに述べたように、これまでの「普通」は、夫が安定した会社に勤め、自分は専業主婦で安心して食べていける、というモデルでした。高度成長期には、男性は終身雇用という暗黙の了解があり、女性は、離婚さえしなければ、少なくとも夫の定年までは、夫の収入をあてにすることが可能でした。ところが、いまや大手企業でさえ倒産の可能性に絶えずさらされ、夫は必ずしも安定した収入源ではありません。働かなくてはやっていけない人々が増えているときに、「働くべきか」「家庭にとどまるべきか」の二者択一を迫っても、「何を寝言をいっているのか」といわれるのが関の山でしょう。世帯でひとくくりにされて、夫や子どもの一部のように暮らしなさい、といわれ続けてきた女性たちの中には、個人単位で生きたいと願う気持ちが強く、こうした女性の間で、「働くべきだ」論は根強い支持を得ていました。これからは「世帯単位でもいい」「家にいるべきだ」と主張する女性の間にも、「働かなくてはやっていけない」派が増えていくでしょう。「べき」か「べきでない」かを超えて、「自分は何がしたいのか」「そのために何が必要か」「したいことを支えるための金銭的裏付けをどう確保するのか」を基本に、新しい仕組みづくりに踏み出すときです。「働く母親の子どもはみんな非行に走る」だとか「女性はだれでもみな働くべきだ」とかいった、自分と同じことをしない女を仲間から排除する心の動きとは、この際きっぱり手を切りましょう。「他人は他人」「自分は自分」、でも、もし女性であるために不利になっている部分が見つかったら、見つけた者同士がその部分で力を合わせて仕組みの改善を図る。もし利害の対立があったら、それぞれの局面で調整を図ればいいのです。

出典:結婚相談所 比較

DY034_L

子供を産んだ女性が外で働くことは至難

家事専業の無償の妻に支えられている男性を基準に労働時間を決めてしまったために、外で働こうとする男女は、家庭ですごす時間をとれないほどの長時間労働を強制されることになりました。これでは、子どもを産んだ女性が外で働くことは至難の技です。女性も「働くべき」というよりは、女性が働きたいと思ったときに働けるような仕組みがほしいのに、外で働いていない一部の女性こそが「普通」なのだと言い張って、仕組みを整備しようとしないことこそが問題なのです。真の相手は「外で働かない女」ではなく、こうした仕組みを整備しようとしない人たちです。お金を稼ぐ生活に疲れ果て、家庭の仕事や育児だけにどっぷりつかって安らいでみたいと思うことは、どんな女性にも(男性にも)多かれ少なかれあるものです。こうした人々が専業主婦(主夫)になってみたい、と思う気持ちを、「働くべきだ」で、ばつさり切ってしまうのもおかしなものです。ここで問題なのは、そう感じたときに、いったんお金を稼ぐ仕事から身をひいて、また戻ってこれる仕組みがほとんどないことです。いずれも、大切なのは、どういう枠組みが女性にとって、または女性とともに伸びやかに生きたいと願う男性にとって、プラスになるか、です。外で働きたくない人がいるとすれば、どうすればその人が幸せに家庭で働けるか。外で働きたい人にとっては、どうすれば幸せに外で働けるか。もしこの二つの利害が対立する局面があれば、それをどう調整するか、が大切なのです。「:.…をしなくてはならない」ではなく、「..…・を選びたいのだがどうすればいいのか」への発想の転換が必要です。女性が自分の内から発する「したい」ではなく、だれかからの命令である「べきだ」に流されがちなのは、女性が食べていくには、男性に評価してもらわなければならなかった、というこれまでの歴史があります。自分で直接お金を稼げない立場におかれた人は、多くの場合、他人の好意に頼らざるをえません。書店で女性のコーナーをのぞくと、「愛される女性になるための○○」といった本がずらりと並んでいるのは、女性は他人に好かれないと生きていけない、他人に好かれることが食べていく道なのだ、といった暗黙の了解がいまだにあるからではないでしょうか。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。

出典:出会いがない 社会人

DY041_L

妊娠する時期

せめて高校の一、二年になってからのことですね。
「生理中にセックスすれば安全か」というような質問もありましたが、そうとは限りません。排卵日そのものが一定していないから、”いつも危ない”と言える状況です。
それに、精子のなかには何日も生き残っている例があり、排卵が終わったと思っても四、五日たってからでも妊娠した例は珍しくありません。生理が終わった直後も同じことです・・・。
私のクリニックには、ときおり十四、五歳の少女が訪れる。
「イタズラされたから心配で」「妊娠したみたいだけど調べて・・・」l幼い口からそんな訴えを聞くと、私は彼女たちを取り囲む環境に想いをはせずにはいられない。
なるべくショックを与えないようにして診察し、検査をすすめる。その間、少女たちは年齢相応の幼さで、ときにはあどけない仕草もみせる。それが、なんともいたましい。
本人は案外平気なときも多いから、たぶんこちらの感傷なのだろうけれど-。

豆知識-妊娠の仕組み
妊娠の仕組みは、そう複雑なものではありません。
男性、女性ともに正常な体であれば、性行為を始めて男性性器から精液(精子を含む)が放出され、それが女性性器の膣内に入れば、あとは自然に精子が子宮内に進入します。
さらに精子が卵管に到達し、そこに卵巣から排卵現象により出てきた卵子が卵管に入ってくれば受精がおこなわれます。
受精した卵は細胞分裂をくり返しながら子宮に到達し、そこに根を張っていくわけです。そこから胎芽(胎児)が発育を始めるのです。

出典:出会い系 サクラいない

DY024_L

娘に教えられる母親

「お母さんも、もっと早く気づくべきじゃないですか。自分の娘がこんなことになっているのに、きょうまで何も知らないのは親として怠慢ですよ」いまの母親たちは、戦後の混乱期に中、高校生。ほとんど性教育らしいものは受けていない。娘さんたちは、身辺に性の情報があふれかえっているけれど、正しい性知識を身につけている子は意外に少ない。診察室からみれば、性に無知な母親があまりにも多すぎる。つい先日も、妊娠六カ月になるのに気づかず、「お腹に何か固まりがある」と受診しにきた娘さんがいた。ひどい世の中になったものである。

豆知識-10代の人工妊娠中絶について
最近十代の女性の中絶が年々増加の傾向にあります。二十~三十代の中絶が避妊の知識の普及とともに減少しているのに反し、十代の中絶が増加しているのです。これがなぜ問題になるかといえば、心身ともにまだ十分に発育していない女性が、妊娠することにより、流産、早産の危険が大きくなることです。またそれ以後、いろいろな障害を残すことになるからです。女性の完全な成長は、二十歳に入ってから二十五歳ぐらいまでの間と考えられます。体だけは一見大人のようにみえても、女性としては精神的にも肉体的にもまだまだ未熟といえます。心身ともに、成熟した女性になってこそ健全な赤ちゃんが生まれると考えてください。厚生省統計情報部は昭和五十七年の優生保謹統計をまといましたが、十代の少女の人工妊娠中絶数は前年より一割強ふえ、二万四千件を突破しました。少女千人のうち六人が中絶を経験した計算で、その比率、実数とも史上最高記録を更新、中絶少女の激増ぶりを改めて印象づけています。

出典:結婚相談所 選び方

DY007_L


孫は殺せない

0022
父親は、頭ごなしにどなりつけた。「そんな子ども、けがらわしい。すぐ堕(おろ) してしまえ」
娘さんは、じっとうつむいたままだ。お腹の子をかばうように、両手でスカートを押さえている。

娘さんは、この近くのOLである。恋人との間にできたらしい子どもの相談で私のところへ来ているうち、きびしい父親に感づかれ、きょうは父娘そろって訪れたというわけだ。
「どうしても中絶を、ということなら、専門の医師を紹介してもいいですけどね」。私は気乗りせぬ声で、頑固そうな父親に言った。
「相手の男性も独身でしょ。いっそこのままで結婚させたらどうです。第一、はじめての子どもを中絶するのは、絶対に体によくないですよ」
たしかに、最初に妊娠した子どもを中絶すると、そのあと不妊症になりやすい。私のところの患者の二割近くは、そういったケースによるといえそうだ。
なんといっても、はじめは子宮がひ弱だ。抵抗力が乏しい。そんな子宮に機械的操作を加えると、傷をつけたり、炎症を起こすなどの障害を招きやすい。
膣内には雑菌が多いから感染する場合もあるし、影響で卵管がつまることも珍しくない。
これが、一人でも子どもを産んだあとなら、子宮はかなりたくましくなるものだ。子どもが胎内で十分に育つと、子宮は平常の四百倍にもふくれ上がる。
それが分娩後は一挙に収縮するから、子宮内の壁は密度がうんと濃くなり、以前と比較にならぬほど丈夫になるのだ。
少々機械が侵入したぐらいで病気になることは、まずあるまい。
「いずれにしてもですな、初回の中絶というのは危険をともなうもんです。できることなら、このまま産ませてあげたらどうです」
いらぬお節介だ、といった表情で、父親は私をにらみつけた。武骨そうな拳が、かすかに震えている・・・。
しかし、私はそれを無視することにした。逆に、最後の切り札をつきつけた。
「いいですか、いま娘さんのお腹にいる赤ん坊は、あなたのお孫さんなのですよ。それを堕(おろ) してしまえなんて言うのは、殺人命令じゃありませんか。
あなたは、むごい孫殺しをしろと言うんですか」
父親にしてみれば、どこの馬の骨かわからない娘の相手が憎いだろう。それは私にも十分に理解できる。
だけど、ここはやはり百歩譲って、娘の健康と、芽生えたばかりの生命に心を移すべきだろう。
案の定、父親は小さく頷いた。その老いたひとみに、うっすらと光るものがあった。

出典: