子供を産んだ女性が外で働くことは至難

家事専業の無償の妻に支えられている男性を基準に労働時間を決めてしまったために、外で働こうとする男女は、家庭ですごす時間をとれないほどの長時間労働を強制されることになりました。これでは、子どもを産んだ女性が外で働くことは至難の技です。女性も「働くべき」というよりは、女性が働きたいと思ったときに働けるような仕組みがほしいのに、外で働いていない一部の女性こそが「普通」なのだと言い張って、仕組みを整備しようとしないことこそが問題なのです。真の相手は「外で働かない女」ではなく、こうした仕組みを整備しようとしない人たちです。お金を稼ぐ生活に疲れ果て、家庭の仕事や育児だけにどっぷりつかって安らいでみたいと思うことは、どんな女性にも(男性にも)多かれ少なかれあるものです。こうした人々が専業主婦(主夫)になってみたい、と思う気持ちを、「働くべきだ」で、ばつさり切ってしまうのもおかしなものです。ここで問題なのは、そう感じたときに、いったんお金を稼ぐ仕事から身をひいて、また戻ってこれる仕組みがほとんどないことです。いずれも、大切なのは、どういう枠組みが女性にとって、または女性とともに伸びやかに生きたいと願う男性にとって、プラスになるか、です。外で働きたくない人がいるとすれば、どうすればその人が幸せに家庭で働けるか。外で働きたい人にとっては、どうすれば幸せに外で働けるか。もしこの二つの利害が対立する局面があれば、それをどう調整するか、が大切なのです。「:.…をしなくてはならない」ではなく、「..…・を選びたいのだがどうすればいいのか」への発想の転換が必要です。女性が自分の内から発する「したい」ではなく、だれかからの命令である「べきだ」に流されがちなのは、女性が食べていくには、男性に評価してもらわなければならなかった、というこれまでの歴史があります。自分で直接お金を稼げない立場におかれた人は、多くの場合、他人の好意に頼らざるをえません。書店で女性のコーナーをのぞくと、「愛される女性になるための○○」といった本がずらりと並んでいるのは、女性は他人に好かれないと生きていけない、他人に好かれることが食べていく道なのだ、といった暗黙の了解がいまだにあるからではないでしょうか。夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。

出典:

DY041_L

Comments are closed.